涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談

警備員のアルバイトは、場所によって業務が変わってきます。屋外と屋内、昼と夜とでも違いがあります。

NAVI
涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談

警備員のアルバイトでは場所によって業務も変わる

会社勤めをしていると、オフィスで仕事をすることが多くなります。
空調のきいた所で1年間仕事を行うことができます。
その分頭を使わなければいけないですが、体としては、快適な状態を保つことができます。
これが、1日中屋外にいなければいけなかったり、夜中に起きていなくてはいけなかったりすると、かなり対応が異なってくるかもしれません。世の中においては、いろいろな仕事があり、誰かが行わなければいけません。もしかすると、自分が行うようになるかもしれないのです。
会社においては最近あまり見かけることがなくなりましたが、駅であったり、スーパーマーケットなどにおいては警備員を見かけることがあります。
どのような仕事になるのでしょうか。


まずは、正社員でないとできないかですが、そんなことはなく、アルバイトでも行えます。
その前にきちんと研修を受けますから、そこをクリアしなければいけません。では、その後どこに勤務するかになります。
基本的には、自分で好きなところを選べるわけではありません。その日によって違うこともありますし、毎日おなじところの場合もあります。
また、屋外が、屋内かの違いもあります。
屋外でも、比較的日差しの少ない屋根の多いところのこともあれば、屋根の全くないところもあります。
真夏の炎天下では、かなり差を感じることになるでしょう。真夏においても長袖の制服を着用することが多いですから、暑さ対策をしなければいけないかもしれません。

屋外に比べると、屋内は体調的には楽に仕事ができそうです。
空調のきいているフロアで行うこともあります。
時間については、日中のこともありますg、深夜に行うこともあります。
夜に慣れていない人は、大変かもしれまえん。屋外においても、夜であれば日差しがない分楽になることがあります。
暗くなると、視界が悪くなります。
その中で自動車の誘導などをすることがあるので、細心の注意をして業務を遂行するようにします。

イチオシサイト

Copyright (C)2016涙あり笑いあり 警備員のアルバイト体験談.All rights reserved.